リクルート

トップリクルート

先輩社員の声

実際にパナホーム山梨で働いている社員さんに、いろいろインタビューしてみました!知識を身につけ、技術を身につけ、人間を磨く。涙あり、笑いありの家づくりには、パナホーム山梨の社員の皆さんの努力と愛が不可欠です。
パナホーム山梨がどんな会社なのか??社員さんに聞いてみましょう。

入社のきっかけは?

馳川「中学生の頃、TVで大工さんの仕事姿を目にして以来、漠然とモノづくりの仕事がしたいと思うようになりました。
最初は建築とは決めておらず、機械設計でも、職人さんでも良かったんです。
それが段々と建築のことが気になりだし、高校は建築科に進みました。」

杉山「私は母が建築関係の仕事をしていて、子供の頃から建築に関することに触れる機会が多かったんです。
そのうち、私も建築の仕事がしてみたいと思うようになり、建築科に進みました。
お世話になっていた先生からパナホーム山梨の求人を紹介され入社に至りました。」

馳川「実は2人とも同じ学校で学んでいまして、たまたまその求人募集に誘われた形で私も入社したんです。これはすごい偶然が重なったのですが(笑)。」

仕事内容は?

馳川「私は主に積算と言いまして、お客様のプランに対して適正なお見積りをさせていただいております。
お客様にとって、一生で一番高い買い物になるかもしれないことですから、正確に冷静に、を常に心がけています。」

杉山「私はお客様と営業スタッフが建てたプランをもとに図面を作成しています。
お客様もプラン段階では、様々なご要望をお持ちですので、それが実際に建てた時に、無理がないものになるかをしっかり見極めて、実現させていきます。」

学生さんへ向けて

馳川「入社する前は、この積算という業務はそこまで希望していませんでした。
というのも、数字があまり得意ではなく、自分には向いていないと思っていたんです。
そして、苦手→失敗→怒られる、のように勝手に想像していました(笑)。
不安が大きかったんですが、実際仕事に就いてみると、社員の方はみんな優しいし、わかりやすく教えてくれるし、いつの間にか充実した仕事ができるようになっていました。
学んだことは「考えるよりやってみる!」ですね。」

杉山「パナホームという一般的にも有名な会社だったので、固い社風なのかと思って最初は緊張の連続でした。
凄くシビアな職場だと想像していたのですが、仕事には真面目でシビアな反面、沢山の笑いがあったり、感動があったり、凄く素敵な環境でした。
休みの日も家にいるより、職場にいたほうが楽しいかも、なんて思うときがあったりするんです。そのくらい毎日が充実していますよ。」

入社のきっかけは?

就活の時にたまたまパナホーム山梨の資料を読む機会があって、環境のことを真剣に考えている企業、というイメージがありました。
私がもともと大学の時に森林科学科という科で勉強をしていたため、家=木、みたいな繋がりも少しはあったのかもしれません(笑)。

仕事内容は?

モデルハウスでのご案内、接客を始め、お客様とパナホーム山梨を繋げる架け橋の役目です。

ご一緒に間取りやプランを考えたり、お客様の資金のご相談など幅広くお話させていただきます。
私達ハウスプランナーは、お客様の家づくりの始まりから完成まで、そしてその後も一貫してフォローするのが仕事です。

今まで仕事をしてきて

入社してしばらくは研修の日々でした。社会人としてのマナーや松下の理念、パナホームの基礎知識、茶道なんかもやりました。大変なこともありましたが、私はとても楽しかった。その時に一緒に研修を受けた仲間とは今でも励まし合ったりする仲です。
そして入社して1年目が終わる最後の最後に、初めて自分のお客様となってくれる方と出会いました。

ご契約頂いた後本当に嬉しくて、充実した気分で、お客様を見送った後に涙が出て来ました。こんなに嬉しいことがあるんだって、感じましたね。
その時のお客様とは6年経った今でももちろんお付き合いが続いています。
その時1歳だったお子様が今では7歳。
私もその成長を一緒に見守れているんです。こんなことがこの仕事の一番の楽しみでもあるんです。

今まで仕事をしてきて

もっとセンスが欲しかったです(笑)。

パナホーム山梨には凄いプロの人達揃っているので、そんな方と一緒に仕事をすると特に実感しますね。色のこととか、インテリアとか。
知識だけではないセンスを磨いてきたいです。

正直な話、私自身はお客様や他のスタッフさんとすぐに仲良くなれることくらいしか特技ないんです。
でもそれでもお客様に最高の住まいが提供できるのは、私をサポートしてくれる沢山の仲間がいるからなんです。
少しセンスが追いつかなくても、凄いセンスの方に相談できますからね。
とても頼りになります。

私は昨年まで育児休暇を取っていまして、今年の1月に復帰したばかりなんです。
1年2ヶ月ぶりの復帰です。女性でも働きやすい環境があるのもパナホーム山梨の特長ですね。

学生さんへ向けて

私も学生のころは、就職して今の生活が変化することが不安でした。
実際社会に出てみると、その変化がとても楽しかったりするんですけどね。
今の充実があるのはこの仕事があるからだと思います。

特に女性の皆さん。パナホーム山梨には営業部だけでも6人の女性スタッフがいます。
ぜひ私達と一緒に働いてみませんか?お会いできることを楽しみにしています!

入社のきっかけ

私自身の実家が家をつくる工務店をやっていましたので、自然と家づくりの仕事に携わりたいと考えていました。
うちの部はみんなそうですけど、物づくりが好きな人が多いですからね。私もそうなのですが。

仕事内容

営業さんとお客様と一緒に打合せに参加します。色や形などの仕様を決めたり、着工が始まったら業者さんの手配やお客様との連絡、住まいが完成するまで責任持って私達が仕上げます。

今まで仕事をしてきて

何もないところから形をしていくのは簡単なことじゃないんです。
平面の図面からそのお客様の持っているイメージにすり合わせ、そのズレがないようにしなければなりません。これはお客様との仕様決めの際に今までの経験、ノウハウに照らし合わせながらヒアリングを念入りに行います。
だからこそ完成した時に、お客様から頂く言葉が本当に嬉しいんです。

特にイメージにぴったりだ、と喜んでくださるご家族のお声を聞けることはこの仕事をしていて良かったと思える瞬間ですね。

学生さんへ向けて

建築などの知識もそうですが、この仕事は人がたくさん関わって出来上がっていく仕事。
特にお客様には、「このご家族が住む家を作る」という責任を持つことになります。
相手の立場に立たないとわからないことがたくさんあります。

コミュニケーションの力と、人の役に立ちたいという気持ちを持っていることが望ましい。
パナホーム山梨はどんなに些細な事でも親身になる会社です。
それはお客様でも社員でも同じ。
一緒に働けることを楽しみにしています。

入社のきっかけは?

私は、中途採用で入社しました。前職は全くの別の業種で、自動車関係の仕事をしていました。車の匂いやフォルムが好きだったんです。自分が建築の世界に足を踏み入れようなんてコレっぽっちも考えていませんでした(笑)きっかけは、、、子供が産まれたこと。。かな。家を建てようと本気で思った時に、建築に興味を持ち始めたんです。

入社前から、現場見学をしたり、何度も何度も面談を繰り返しました。その中で、お客様の住宅のメンテナンスと管理をするホームドクターという仕事に触れ、ますます建築のイメージが変わりました。そういった仕事って、「職人っぽい」という印象があったんですね。ところが、実際にみるとお客様のところへ伺う際にはピシっとネクタイをして、お客様へ挨拶してる先輩の姿に感動したんです。

お客様とのやりとりを見ているうちに「カッコイイな!」と思うようになりました。つい「私にもやらせてくださいっ!!」って言ってしまったことが全ての始まりです(笑)

もともと業界を知りませんでしたから、「業界を知るためには営業だ!」と思い、営業職を志望しました。

仕事内容は?

入社してから、いきなり営業ではなく最初はホームドクターという、お客様の住宅の管理、メンテナンスを行う部署に配属されました。その後リフォーム営業を経て、現在は新築営業をしています。展示場やイベントでお客様に住宅の説明をするとこから始まり、設計職の社員と一緒にプランを提案したり、現場を見に行ったり、お引渡しまで幅広く全般的に行っています。

でも、実は住宅の営業とは、「お引き渡し後からが本当の営業」なんです。家はお客様の夢を実現する場所。「建てたら終わり」ではお客様の夢は実現できないので、日頃のケアや維持管理などについて、パナホーム山梨は本当に真剣です!だから営業は、そのお家に住まうご家族の方と末永くお付き合いしていくという感覚ですね。

いつか自分も家を建てたいと思っています。お客様の笑顔に触れると将来、自分もこんなふうに家づくりをしたいなぁ、なんて想像しています。逆にお客様にお叱りを受けたりしたときは、同じ失敗を繰り返さないようにその時その時に業務を見直し、原因を考え、改善策をたてます。この辺りは車関係の仕事で学んだことが生かされているように感じます。

"家=ご家族が快適に暮らせる場所"だと思っています。それに貢献できることはとてもやりがいもあり、楽しく感じています。

今まで仕事をしてきて

入社してからもっと勉強してくればよかったですね(笑)。

今は、日々常に勉強と思い仕事を楽しんでいます。営業を通じて人としてのありかたというか、マナーは大切だと改めて感じています。

最初は知識を付けたいと思い、営業を志望しました。結局、始めの業務は違いましたが自分にできることから始めさせてもらい一つずつ学ばせてもらっています。今は営業として「人と人との出会いの場」がもてることに感謝しています。本当にいろんなことを学ばせてもらっています。仕事を通じて、「自分の時間」とか「仕事の時間」とか区分けしなくなりました。すべて、自分の人生だと今は思っています。仕事で自分を高めた結果、プライベートの生活に活かされますし、日々のプライベートでも些細なことが仕事に活かされたりします。何より今まで出会ったお客様から沢山のことを教わりました。そんなお客様や周りの方々に対して、いつも感謝の気持ちを込めてこれからも精進していきたいです。

学生さんへ向けて

覚えることもたくさんあり、大変なこともありますが、人と人とのお付き合いの中で考えさせられるお仕事だと思っています。1つのお家を建てるには、ご提案からお引き渡しまでには、とても長いスパンがかかるのです。しかし、お客様へのお引き渡しの時の感動はなんとも言いがたいものになります。だからこそやりがいにもなります。経験豊富なパナホーム山梨の先輩たちも、どうやら数々の嬉しい経験、イタイ経験をしています。厳しくも優しく私たちに指導してくれ、知識も技術もどんどん身につく場所です。それゆえ、まずは「挑戦するマインド」か大切ですし、同時にそれができる場がパナホーム山梨です。

最後になりますが、パナホーム山梨は、何よりお客様に満足していただくこと、そしてそれによって社員の充実を目指している会社です。知識や経験は必ず後から付いてきます。お家づくりに興味のある方、これから更にステップアップしたい方、ぜひともパナホーム山梨で一緒に働きましょう。

入社のきっかけは?

転職を考え探していた時にパナホーム山梨の求人をみたことがきっかけです。パナホームの建てる家は外観のタイルなど綺麗で素晴らしいなと思っていました。前職も建築関係の仕事だったので、パナホームの家のつくりなどとても魅力でした。私もそのような家づくりを担う一員になりたいと思いました。

仕事内容は?

現場を管理する監督の仕事をしています。
営業や現場の人間がお互いにフォローしつつ、お客様も含めて、みんながやりやすい環境を作っていこうという思いで仕事をしています。
リフォームの際、お客様が抱えている問題に対してどのようにするのがベストか、お客様とお互いに相談しながら決めていきます。その決まったものがイメージ通りにできあがった時にお客様より「参考にしてよかった。」というお言葉をいただく瞬間がとても嬉しくなります。 また、常に自分が住みたいと思えるような家づくり(リフォーム)をお客様にはご提案できるよう心がけています。

学生さんへ向けて

現場だから営業のことは知らない、また営業だから現場の流れは知らないといったことではなく、お互いに支えあう気持ちが大切だと思います。
大変な面もありますが、忍耐力と志を持って邁進することが大切だと思います。
一つ一つのことを吸収し成長したい人は、ぜひパナホーム山梨へ!