小池 紗央里
02

小池 紗央里

営業部 東部グループ
SAORI KOIKE

「希望通りです」「思った以上にいいです」といって


喜んでいただける瞬間が一番嬉しいですね。

  • お仕事の内容を詳しく教えてください。

    展示場・見学会にお越しいただくお客様に弊社住宅のご説明やご案内をする一方、住まいに関する「想い」またはご要望を伺いながら、プランや御見積を提出させていただくという営業業務になります。成約後もお客様の窓口になって、お客様に一番近い最前線で家づくりのお手伝いをしていきます。


    現在の職種またはパナホーム山梨を選んだ動機を教えてください。

    就職にあたっては「外に出て多くの方とコミュニケーションできるような仕事を」といった気持ちがありましたので営業を希望していました。また、夢ややりがいのあるお仕事というか、お客様の夢を形にできる仕事という点に魅力を感じたのがパナホーム山梨に応募した理由になります。

  • お仕事のやりがい・やっていて「良かった」と 思えるのはどんな瞬間ですか?

    もちろん成約時の達成感もありますが、何より住宅が完成したあと、お客様に「希望通りです」「思った以上にいいです」といって喜んでいただける瞬間が一番嬉しいですね。たとえば弊社の住宅性能による住み心地のような部分については、実際に住んでから初めて実感していただけることも多いので。


    今までのお仕事を通して心に残っている エピソードが何かあれば教えてください。

    入社当初、私自身は女性ということで不安な点もありましたが、初めて担当させていただいたご家族は奥様が中心になっていろいろなことを決めていらっしゃいました。その奥様が新入社員の私を同じ女性ということで気にかけてくださり、多くの方のお力を借りつつも、結果として成約まで進むことができて、その後の自信につながったということがあります。

  • 自分自身について、今後はどんなところを もっと成長させていきたいと考えていますか?

    「こういう住宅にしたい」といったイメージはお客様によってさまざまですから、いかにしてお客様が知りたいことや気になっていることを早く掴んだうえで、弊社住宅商品の価値を見出していただくかというのが、営業としては一番の腕の見せどころだと思っています。そうした要望の引き出し方を含めて、お客様に信頼していただけるためのスキルやノウハウをもっと高めたいという気持ちがあります。


    社内はどのような雰囲気ですか? 会社の皆さんはどのような方が多いでしょうか。

    女性が活躍できる会社だと思っています。営業部門には私以外にも先輩女性社員がいらして、次々と契約を獲得していますし、男性女性に関係なくコミュニケーションもすごく取りやすい雰囲気だと感じています。

  • 就職活動を行っている方々に対して、メッセージをお願いします。

    今は社内で若い世代が増えていて、若手が自ら企画をして新しい仕事を進めていけるような流れがあります。私も昨年は工事中の現場等を巡るバスツアーを企画したりしていました。そんな風に、自ら発見を重ねて、自分がやりたいこと、あるいは新しいことを進めていきたいという気持ちがある人にとっては、すごく楽しい会社だと思います。

インタビュー